セフレと恋人の違い

「セフレ(セックス・フレンド)」と彼氏の異なる部分を言うなら、「将来性と付き合い方」の違いになるかと思います。
セフレという関係は文字通り「セックスが前提」の付き合いになります。
セフレとは「デートはセックス」をするという考え方になります。
セフレというのは「性欲を満たす」ことが前提の相手になりますので、それ以外の精神的な部分は基本的にお互いに要求をしないものです。

しかし彼氏になると、これに関しては人それぞれで目的や定義は異なってくるかと思うのですが、一般的にですが女性は「結婚も視野に入れた将来性」を考えて付き合いをします。
要するに「性格の相性」「お互いの趣味趣向」「経済的な状況」といった風に単純にセックスのみではなく、様々な部分においてお互いがお互いを気にし合ったりするような関係になります。
これは一般的なものでもちろん、セフレという関係から彼氏になったというケースもあるかと思いますが、通常は、セフレというのはポイ捨て同然の関係なのだとお互いが割り切った関係にあるのです。
女性の場合では、「満たされていない自分の性癖を満足させて欲しい」といったことからセフレを探す場合が多くあるようです。
「実はMで少しイジメられたりしたいけど、彼氏には言うと嫌われそうで」「彼氏とは先々結婚を考えるが、エッチは満足できていないのでセフレが必要」といったのはよく聞く動機です。

また主婦になると「セックスレスが長いが、離婚することも簡単ではないのでセフレが必要」といったものが圧倒的に多くあるようです。
もちろん大多数の主婦はセフレというものに抵抗はあるようです。
セックスレスにあって性欲は満たして欲しいと思うが、旦那との冷めている関係からの嫌悪感から、セフレであっても彼氏であると存在意識してそれを「彼氏」として位置づけしているのが多くの主婦のようです。
ですが実際には離婚を考えていない場合がほとんどですので、実際にはセフレの関係になっているのです。

ルールについて

セフレという関係の場合は、初めにルールを決めることが多くあるようです。
女性の方が独身であって彼氏もいないというのなら、それほど秘密にすることもないのでしょうし、もしかすると女性側からのルールの提案というのはないのかもしれません。
しかし、セフレ関係を持つ女性の多数は、旦那がいたり彼氏がいたりする場合が多くあります。
こうした時には、女性側はもちろん秘密での付き合いということが前提ですのでルールが出てくることが多くなるわけです。
ルールが出来たのなら、この決められたルールが守られないとすぐに音信不通となってしまうことが多々ありますので注意することが大切です。

セフレを探している女性というのは、出会い系サイトを利用して、やり取りをしている時点で「ルールを守ってくれる男か」というものをきちんとチェックしているものです。
ですから出会い系などでのやり取りの時点でもしもあなたが以下にあるような言動があるなら、その時点からセフレの候補からは外されると思っていいはずです。
「困ってしまうような事を言う」「協調性がなくわがまま」「人の話を聞いていない」といったものになります。
例を挙げるのなら、全然打ち解けてもいないのに、細かにプライベートなことを聞いてきたりする。
といった言動は全くダメです。
もしもうまいことセフレとの付き合い成立したとしてもこのことは同じだと思ってください。
セフレ関係というのはあくまでも二人だけの秘密になるのです。
このことを守れるかどうかで関係が続くかどうかも決まってくるはずです。
これは前提として、セックスデート以外では拘束することもダメです。
当然彼女と思っての扱いもダメということになります。

当然、デート中に愛情を注ぐのは大丈夫ですが、これはセックスのみでの付き合いだときちんと割り切って、そこだけで満足していくことが重要です。
あとはタイミングなどなく、いつポイ捨てになっても決して文句を言ってはいけない単純な関係だということを決して忘れてはいけません。