複数人と関係を持つには

セフレを探したり居たりする女性には大きく分けて2つのタイプになります。
まずセックスのみで楽しみを得る「割り切った付き合い派」と、もう1つは彼氏という感覚も同時に得たいという「セフレ彼氏派」になります。
しかしどのタイプであっても、相手の男性に求めることで共通しているものが3つあります。
「自分が描く理想のエッチの願望を満たしてくれる」「ルールや約束を厳守できる」「プライベートにしつこい干渉をしない」という3つになります。
しっかりとこの3つのポイントを考えた上でメールのやり取りや言動を行っていくことで、あなたはどのタイプの女性にも対応していくことが可能で、出会い系のサイトにおいては「モテるセフレ」になれるわけです。
まずはそれぞれのタイプの特徴を確認していきます。
まず「割り切った付き合い派」のタイプの場合、話はかなり進展が早いと思っていいかと思います。
早ければ2回くらいのメールで「一度会ってお話でも」などがあり容姿の確認をする提案が出てきたりします。
しかし話が早い場合で、「私今お金に困っていて…」といった切り口の援助希望女性といったパターンもあったりしますので、その辺は注意が必要になってくるかもしれません。
ここで話しているセフレというのはセックスをすることにお金が発生しない関係の事を指しています。
ですので援助交際というのはセフレ関係ということにはなりません。
しかし男性側がホテルに掛かる代金は出すといったことはよくある話です。
このような金銭を目的としている女性でないなら、「割り切った付き合い派」である確率は高いでしょう。
しかし「割り切った付き合い派」の女性は、次から次へとセフレの男性を変えていくことが多くありますので、ポイ捨てされるのは当たり前といった気分で楽しむことも必要です。
反対に「セフレ彼氏派」のタイプの女性は、できるだけ理解し合えるくらいのメールのやり取りをした上で会うことを希望してきます。
ですのでうまく関係を築いていくのには時間を少しかけていく必要があるでしょう。
しかし一度きちんと関係が築かれたのなら長期的な関係になる確率も高くなります。
このような「セフレ彼氏派」の女性というのは、セフレという関係ではありますが、一部分で割り切りができない部分もあって、あなたの方に「私以外でセフレを作らないで欲しい」といった要求が出てくることもあったりします。
そういったことがあったのなら、作らないと約束はして、「割り切った付き合い派」を他で見つけていくのなら、よりたくさんのセフレライフを充実させていくこともできるかもしれません。