攻略の秘訣

セフレの関係を築く女性の多くは、恋人や旦那といったパートナーとの間ではなかなか実現しにくいプレイをセフレの相手に求めてくることがあります。
例えばソフトSMといったものはその典型的なものになるでしょう。
女性の方の多くはM気質があったりするのですが、その部分を正直にパートナーにも打ち明け軽いSMプレイなどが実現できている女性は結構少ないものなのです。
そのような多くの女性達は「こんなこと言って嫌われたら」と思い、それを隠した状態で少し不満気味なセックスライフを続けていたりするのです。
このような女性にとってはセフレという関係がとても便利な存在と言えるわけです。
また、男性側からしても自分の特定のパートナーには試せないようなプレイを色々と試せるチャンスにもなるはずです。
当然ですが、セフレ女性でも受け入れられないことはありますので、そういったことを強要してしまうなら、その次から音信不通になってしまうことはよくありますので、その辺はあ互いが了承したらということになります。
セフレ関係で一番長続きしてうまいこといくのは、このようなSMといった人には簡単に言うことのできない性癖を補ってくれる相手を見つけることだそうです。
要するに、セックスの部分でお互いに「唯一無二」といったものになることで、その必要としている価値が上がっていくのです。
私の知っている40代主婦の方も、5年以上セフレ歴があるのですが、その5年以上ずっと同じパートナーということです。
その女性の理由として、「SMの部分の楽しみ方の波長やセンスが自分に合っているので、もう手放すことが考えられない」ということです。
この関係はお互いが既婚者になっていて、立場が同じですので理解し合えてその関係にも簡単にひずみが出てこないというのも長続きの秘訣になっているようです。
少しまとめてみますとセフレ関係の一番の魅力とは、色々なエッチバリエーションを持ってエッチを思う存分お互い堪能していけるという部分です。
しかし注意しなければいけないのは、一人よがりという状態には決してなってはいけないということです。