タイトルに釣られないように

インターネットサイトを色々見ていると、何の気なしにクリックしてしまうことってないでしょうか。
たとえばそれがリスティング広告、PR、テキストだとしてもクリックしたことがあるという人も多いと思います。
ヤフーで言えばトピックスの見出しなど、ニュース記事なども、興味がなくてもクリックしたことがあるという経験がある人は多いと思います。
サクラや業者の実態は男性であることが多いので、男性が思わずクリックしてしまいそうな言葉をよく知っていますし、多用します。
たとえば「寂しくて…慰めて欲しくて…」とか「一人に飽きてしまって…」というような言葉です。
これらは男性が構ってあげたいと思う気持ちを刺激します。
他にも「あなただけに見せたいの」「アソコがすごいことになっているんだよね」というように、エッチな気持ちをくすぐる言葉です。
ですが基本的には男性は女性の気持ちを理解していません。
それと同じように、女性も男性の気持ちを知らないのです。
そう考えてサイトを利用すれば、切り捨てるべきメールがわかりますよね。
この考え方から言えば先ほどのようなメールを送ってくるのはサクラまたは業者のどちらかということがわかるでしょう。
思わずクリックしてしまいそうなメール内容であっても、冷静に判断してみることです。